FC2ブログ

index

次のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女はくノ一! 第六話 (158)

第六話 春、到来! 出会いと別れは、嵐の如く!!(158)

 楓に背中を流して貰うことに、香也はなんとも奇妙な印象を覚えた。そもそも幼少時を除いて、他人に体を洗って貰う、という経験自体が珍しい。一通り背中を洗い終えた楓が、前の方も洗うと言いだしたのだが、流石に照れくさかったので、そっちは丁重にお断りする。それでは、と、楓は香也の頭を洗いたいといいだし、香也は、正面から向かい合って体を洗われるよりは……と、楓に洗髪を任せることにした。他人に自分の髪を洗われる感触は背中を流されるよりも珍しく、香也はなんともいえないくすぐったさを全身に感じた。
 最後にシャワーを浴びて全身の泡を洗い流すと、今度は香也の方が、今までやって貰ったことの代わりに、と、今度は楓の背中を洗わせて貰うことを提案する。
 最初のうち、楓は、「いいですよそんなの」みたいな感じでいやがっていたが、香也がいつも一方的に世話して貰うだけでは悪い、勉強のことだって、教えて貰う側の香也より楓の方が大変なはずだ、みたいなことをぼそぼそといい続けると、終いには折れて背中を向けてくれた。楓の白い背中を見た香也は「……小さいなあ……」とか思いながら手を動かす。楓の肌は滑らかだった。肌理が細かい……ということも、肌同士を密着させた感触も、香也は知っているわけだったが、うかつなことを思い返すとうっかり下半身が反応してしまいそうになるので、極力を雑念を頭の中から追い払って楓の背中を洗うことに専念した。とはいえ、若い香也のその部分は先ほどから充血しており、いわゆる半勃ち状態には、なっている。香也の意志の力で上向きに跳ね上がるのをどうにか防止しているような状態だった。
 一通り洗い終わった楓の背中をシャワーで流すと、香也が制止する間もなく楓がこちらに向き直った。当然、楓の裸体を正面から、間近に見ることになる。
 見慣れてはいるのだけど、香也はすぐに顔を背けて視線を背けた。香也の注意が逸れた隙に、楓は香也の手からスポンジを奪い取り、香也の肩に肩手をかけて、香也の体の正面を洗いはじめる。
 香也が多少、強引に楓の背中を流したことで、楓の方も、意地になっている部分はあったのかも知れない。常に香也の肩や腕のどこかしらを掴み、香也が逃げないように工夫しながら、香也の体を正面から洗いはじめた。
 首からはじまって、肩、腕、胸、わき腹、腹……と、洗う箇所がだんだん下がってくるのを意識しながら、香也は、できるだけ楓の顔を体を見ないようにしていた。それでも香也の分身は反応し、どんどん上を向いてくる。大きくなったその部分について、楓は当然気づいていたはずだが、香也が照れくさがっていることを察してか、何も言わなかった。香也の股間、まさにその部分を洗う時も、とりたてて扇情的な動きをすることもなく、複雑な形状の部分も含めて、淡々と手を動かして丁寧に洗っていく。
 そうしてもらいながら香也は、ありがたいような残念なような情けないような、複雑な気持ちになった。
 香也の前をすっかり洗い終わり、泡を洗い流した後、楓が「……わたしの体も、正面から、洗いたいですか?」と聞いてきたので、香也が慌ててぶんぶんと首を横に振る。 楓は含み笑いをしながら、「じゃあ、お風呂に入って暖まってください」という。
 いわれた通りに香也が湯船につかっている間に、楓は体の残りの部分の髪の毛を手早く洗って、すぐにまた湯船に、香也の隣に入り込む。それも、先ほどより、露骨に体を密着させてきた。
「……さっきから、何か、変な気分になってきちゃいました……」
 いいながら、楓は、指先で香也の太股あたりをまさぐってくる。
「……香也様の……大きくなったの、見てたら……」
 香也は黙って自分の太股の上にある楓の掌に、自分の掌を重ねる。
「……んー……」
 少し、考えた。
「……そういうのも、いいんだけど……」
 香也は、考えながら、訥々と言葉を続ける。
 もともと、考えることも、人と話すことも、得意な方ではない。
「……正直、今、こうしていても、楓ちゃんに抱きついて、いろいろしたいって思っているくらいなんだけど……。
 でも、楓ちゃんは……別に、そういうことをしなくても……。
 ……んー……。
 うまく、いえないけど……。
 楓ちゃん、本当に欲しいのは……そういうことじゃあ、ないんじゃないかな、って……そう、思った……。
 その、さっき、泣いているのを見たとき……あれ、あのとき、楓ちゃん、悲しそうには見えなくて……。
 だから、たぶん……ぼくと、無理にそういうことしなくても、楓ちゃんは楓ちゃんで、ずっとぼくのそばにいてくれて……。
 ……んー……。
 話しているうちに、自分でもなにがいいたいのか、よくわからなくなってきた……」
 最終的には、論旨や脈絡がはっきりしない、ぼやけた言い方になってしまったが……香也が、ここまで長々としゃべるのは珍しい。
 集中して考えながらしゃべり終えて、ふと横の楓に視線を向けると、楓は、目を丸くして香也の顔を凝視していた。
 楓とまともに目があうと、とたんに、香也の心に気恥ずかしさが満ちあふれてくる。
「……も、もう、あがる。
 のぼせ、ちゃうから……」
 なんとなくいたたまれない心情になった香也は、慌てて立ち上がり、湯船の外に出ようとする。
 その香也の手首を、楓が、はしっと掴んだ。
「……あ、あの……」
 首だけ振り返った香也に、楓が、いった。
「あとで、お部屋にいっても……いいでしょうか?」
「……んー……」
 香也にしてみれば、断る理由もない。
 今更、という気もする。
 これまでだって、楓にしろ他の同居人の少女たちにしろ、用事がありさえすれば遠慮なく香也の部屋を訪ねてきている。
「別に、いいけど……」
 それよりも、今の香也にとっては、いきりたった前のもをまともに楓に見られて決まりの悪い思いをする……という可能性を回避する方が、重要なことだった。せっかく真面目な話しをしたばかりで、思いっきり勃起しているというのも、なんだか間が抜けていて格好が悪い……と、香也は思う。
 おそらく……楓は、そんな子細なことを気にはしないのだろうが。 


1500本以上のAV・アニメ!ボリューム満点!オリジナル素人モデルの写真・動画もありマス。打ち止め必死の無修正動画サイト!X-Gallery
完全無修正オリジナルサイト-問答無用.com

あの頃の若さを取り戻す!!究極のED(勃起不全)革命的商品【ラブアゲイン】
【Hey動画】人気サイトやメーカーのオリジナル動画をペイパービューでお届け!全作品にサンプル動画付きなのでまずは無料で遊んじゃおう!


[つづく]
目次


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

「髪長姫は最後に笑う。」 第六章(416)

第六章 「血と技」(416)

「……お前なぁ……」
 荒野は、怒鳴りつけてやりたい衝動をどうにか堪えて、イザベラに問いかけた。
「おれが、はいそうですかと、他人のプライバシーをほいほいとお前にしゃべると思っているのか?」
 だとすれば、ずいぶんと甘く見られたものだ……とも、思う。
 基本的に一族の者は、情報セキュリティなどに関して、一般人よりもよっぽど保守的な倫理間を持っている。新参者のイザベラに少し水を向けられたくらいで、軽々と狩野家でのあれこれを話すとも思えない。
 いや。
 裏ではまず確実に、さぞかし盛大に推測混じりの情報を交換していることと思うが……何かと目立つ存在であるイザベラは、来日してから日が浅いこともあり、「身内」扱いされていない可能性が高かった。
「いんや」
 イザベラは、あっさりと首を振る。
「でも一応、聞いてみただけじゃ。
 実のところ、かなりのところ、実態を掴んでおるしの」
「実態、って……」
 荒野は、重ねて聞き返す。
「……誰から教えて貰ったんだ、お前……」
「聞いたんじゃなか。
 見たんじゃ」
「……見たって、何を?」
「アレを」
「……アレ?」
 荒野が、軽く首を捻る。
「アレっていえば、アレしかなか」
 イザベラが、狩野家の方向を指さしながら、焦れたような口調で答える。
「やっとるところを見たんじゃ。
 その、最強の弟子と、そっちの家の息子とが」
 その時のイザベラの頬は、うっすらと染まっていた。
「……おま……」
 荒野は、数秒、絶句した。
「……わざわざ、覗いたのか?
 そりゃあ……あまりにも、趣味が悪すぎねーか?」
「……好きで覗いたわけではなか……」
 イザベラは、顔を背けた。
「日曜、わしらがおるのに勝手に声あげて盛っておったから、ジュリエッタが見にいこういうて……」
「ちょっと待て」
 荒野は、すかさずイザベラの話しを遮る。
「……するとなにか?
 お前だけではなく……ジュリエッタさんも、その場にいたのか?」
「おったおった」
 イザベラは、ぶんぶんと首を縦に振る。
「ただ単におったというより、ジュリエッタが主犯でわしが重犯じゃ。
 ジュリエッタが誘うから、わしも仕方がなく、じゃな……」
「主犯従犯、という言葉を使っているってことは……」
 荒野は、目を細めてイザベラを見据えた。
「……悪いことをした、って意識はあるわけだな……」
「ま、まあ……。
 その辺のことは、ちょっとこっちに置いておいて……」
 イザベラは、実際にテーブルに置いた架空の荷物を脇にどける動作をしてみせる。
「……ジュリエッタのことじゃ。
 あれは、またっく罪の意識を感じておらんようすじゃったの。
 見ている最中も、二人とも仲いいねー、とかいいながら、にこにこしておった……」
「……あっ!」
 荒野はあることに思いあたって、少し大きな声をあげる。
「……そっか。
 日曜に、楓とジュリエッタさんがやりあったのって……そういうわけか……」
 最近、自分の目の届かないところでいろいろな事件が起きているな……と、荒野は改めて認識した。
 今のところ、それでもうまくいっているわけだが……正直、何かの拍子に取り返しのつかないことでも起こりそうな気もして、不安にならないこともない。
「そうじゃ、そうじゃ」
 荒野の独白に、イザベラも頷いて見せた。
「最強の弟子に見つかって、ジュリエッタと睨み合いになったところに、最強のおっさんが出てきてな……」
「……荒神まで絡んでいたのか!」
 荒野の知らないことばかり、ぼろぼろ聞かされている形であり……ここのところ、試験勉強ばかりにかまけて、少し緩んでいたかな……と、荒野はその場で軽く反省をした。
「……知らんかったのか?」
 今度はイザベラの方が、珍獣を見る目つきで荒野を顔をじろじろと眺めた。
「……ああ。
 この間、ジュリエッタさんが静流さんとやりあった時、シルヴィから日曜日にそういうことがあった、って軽く聞かされただけだ……」
 しぶしぶ、といった感じで、荒野は認める。
「……おんし……」
 イザベラが、不意に真剣な面もちになる。
「……この土地の、頭ではなかったんか?」
「外からはそう見える、ということは知っている」
 荒野は、軽く頷く。
「だけど、おれとしては、この土地の一族を束ねるつもりはない。
 ただ、今の均衡状態を崩そうとするやつがいたら、容赦なくたたき潰すけどな……」
「……ほっ。
 吠えるわ」
 イザベラが、何故か、にやける。
「でも、おんしなら軽く出来そうな気がしてくるから、から不思議なもんじゃの」
「出来る……とは断言できないけど、全力は、尽くす」
 荒野もまた、笑顔になってイザベラに顔を向けた。
「例えばお前がこの土地の和を乱すようなことをしでかしたら、その時は即刻、断固としてしかるべき処置を行う」
 荒野の目は、笑っていなかった。
「……おー、こわ……」
 といって、イザベラは大げさな動作で肩を竦めて見せた。
「ま、今のところ、そうするつもりもないんで、お互い、変な気を使う必要がないの」
「本当に、そうだといいんだががな……」
 荒野は笑みを浮かべたまま、イザベラにいった。
「今のところ、お前の目的だけがはっきりしていないんだ。
 ただでさえ微妙な状況なのに、おれがお前を警戒していたとしても不思議なことではないだろう?」
「……はっきりした目的がないと、いかんのか?」
 イザベラは、覿面に、いかにも不機嫌そうな顔になる。
「わしは……ただ単に、どこでもいいから逃げ出したかっただけじゃ。
 ここが面白いことになっとる、聞いて……で、実際に来てみたら、予想以上に面白いことになっておって……」
「今では、おそらくそれがお前の本音だろうとは、思っている」
 荒野は、慎重に言葉を選びながら、説明した。
「お前がどこまで理解しているのかわからないけど……今のここの状況って、かなり微妙なバランスの上に成り立っているんだ。
 そして、おれは、今の平和を出来るだけ長く保っておきたいと考えている。
 だから、少しでも疑わしいものがあれば、懐疑的な目で見ることを回避しない」
 イザベラは、「そりゃ、立派な心がけじゃの」といって、また肩を竦めてみせた。


ウェブマスターの方はこちら>>月極めも募集中
超有名なあのチャットサイトDXLIVEで!チャットレディ大募集!時給約4200円以上!

1000タイトル、君は制覇できるか!?月額1480円!SODの見放題!
素人・人妻系、流出ハメ撮り、無修正動画を大量配信!老舗動画サイト「エロスプラネット since2003」


[つづく]
目次

DMMアダルト 2次元アイテムを完全網羅『Dキャラッ!』
大画面で楽しむオンデマンドムービー DMM.TV
DMMアダルト 新作満載!同人ダウンロード!

彼女はくノ一! 第六話 (157)

第六話 春、到来! 出会いと別れは、嵐の如く!!(157)

「……ふぅ……」
 湯船の中で長々と手足を伸ばした香也は、満足げな息を漏らした。大きすぎるくらいの浴槽も、こういうときは素直にありがたいと思う。
 ここ数日、なんだかんだで香也は慣れない長時間勉強にいそしんでいるわけで、実際にやってみればさほど苦にはならなかったとはいえ、だからといって披露を感じないというわけでもない。体のあちこちがこわばっているような感触もあって、こうして湯の中に手足を伸ばしていると、自然に気の抜けた声が漏れてきた。
 しかし、香也の至福の時間は、そう長くは続かなかった。
「香也様ぁ」
 いきなり声をかけられて、香也は慌てて上体を起こした。
「ちょっとご一緒させていただきますね」
 振り返ると、がらりと音をたてて脱衣所へと続く引き戸が開き、楓が入ってくるところだった。
「……あっ。あっ。あっ……」
 予想外のことに、香也はすっかり動揺してしまっている。それ以前に、目のやり場に困る。
「そんなに慌てないでくださいよ」
 楓が、ちょっと拗ねた声を出した。
「わたしの裸なんて、見慣れているじゃないですか。
 そんな反応されちゃうと、わたしの方まで恥ずかしくなってきます……」
 一応、タオルで前の方は隠していたが、そういう楓もそれなりに恥ずかしい思いはしているらしく、顔と耳が朱に染まっていた。
「……や。や。や……」
 香也の方も赤くなって、慌てて顔をあらぬ方向に向ける。
 その間に楓は洗面器でざっと自分の体にお湯をかけ、すばやく香也の隣に滑り込んだ。
「……こうして二人で一緒にお風呂に入ったり、背中を流したり、って一度やってみたかったんですよね。
 なかなか機会がなかったし、今日はわたしが香也様をお世話する日ですから、これくらいしてもいいですよね? 今日は、あまり一緒にいられませんでしたし……」
 耳元に口を寄せてそういわれると、香也としても「……んー……」と曖昧に頷くよりほかない。
 香也があまり弁が立つ方ではない、ということもあったが、全裸でも平気で密着してくる楓の体温やら感触やらをつとめて意識しないようにすることで、香也はいっぱいっぱいだった。
「……ちょ、とちょっと……」
 香也は、ようやくそういって、楓から少し遠ざかった。
「わ、わかったから……その……もう少し、離れて……。
 のぼせちゃう……」
 たどたどしい言い方であったが、なんとか楓に自分の意志を伝える。
 今までの例から見ても、楓は、香也の意志を無視してまで自分の欲求を強行する性格ではなかった。つまり、「話せばわかる」。
 その点、自分たちの欲望に忠実すぎる三人娘や理路整然と香也を解きふせて結局は自分のしたいほうへと誘導してしまう孫子などとは違っていて、やりやすいともいえる。
「……はぁい……」
 楓は、拗ねたような甘えたような声をだして、一応は「少し離れてくれ」という香也の要求を聞き入れてくれた。
「でも、お背中くらいは、流させてくださいね……」
 その直後、すかさず香也の言質をとろうとしているのは……おそらく、計算してのことではなく、自分がしたいことを素直に告げているだけなのだろう。
「……う、うん……」
 香也は、力なく、頷いて見せた。
「それくらいなら、別に……」
「……最近、香也様、頑張っていますよね……」
 唐突に、楓が話題を変えてくる。
「今日も……びっくりしちゃいました。
 少し前と比べると、段違いによくなっています……」
 香也の、勉強のことだった。
「……んー……」
 とりあえず香也は、例によって曖昧に唸っておく。
 実のところ、あまり実感はないのだが……赤点以下を平気で取っていた以前と比較すれば、香也の成績は、格段によくなっているのだろう。
「……みんなが、みてくれたから……」
 仮に、香也の成績がよくなったとしても、それは香也一人の功績ではない……というのが、香也の本音だった。
 決して、自分自身の努力が実ったというわけっではなく……他力本願だったからこそ、いまだにろくな手応えや実感も、持てないのかも知れなかった。
「……誰かに助けられたとしても……」
 楓は、お湯の中で香也の掌を握りしめた。
「……実際にやったのは、香也様なんですから……。
 もう少し、自信を持ってください……」
「……んー……」
 香也は、力なく、答える。
「……わかった……」
 曖昧な香也の主体性とは違い、自分の掌を握る楓の手指の感触は、誤魔化しようがないくらいに本物だった。
 その楓がいうのだから……おそらく、その通りなのだろう……と、香也は、そのような納得の仕方をする。
「……ありがとう」
 続いて、ぽつりと香也は呟いた。
「……え?」
 楓が、虚をつかれた表情になる。
「いや、いろいろ……ありがとう」
 香也は、自分が感じていることをうまく伝えられないもどかしさを感じながら、不器用に単調な言葉を繰り返す。
「……や、やだなぁ……」
 何故か、楓が露骨に狼狽しはじめた。
「そんな……わたしだけが、手伝ったわけでもないですし……」
「でも……楓ちゃんも、やってくれたし……」
 ぼそぼそと聞き取りづらい声で、香也が続ける。
「それは……うん。
 そう、なんですけれどね……」
 楓はそういって、何故か「はははは」と軽い笑い声はあげた。
「……香也様……」
 しばらくして、楓がいった。
「もう少し、そばにいってもいいですか?」
「……んー……。
 少しなら……」
 反射的に答えてから、香也は慌てて付け加える。
「でも……その、くっつきすぎないで……」
「……はぁい」
 くすくす笑いながら、楓は、香也との距離を、ほんの少し詰めた。肩がふれあう寸前で、とどまっていた。
「……楓、ちゃん……」
 何気なく楓の横顔を見た香也は、ぎょっとした。
「なんで……泣いているの?」
「え?」
 楓は、自分の頬に手をあてた。
「なんで、涙が……」
 香也が指摘した通り、楓の目尻から頬にかけて、一筋の涙が滴り落ちている。
「そんな、悲しいことなんて、何もないのに……。
 ただ……いつまでも、こんな状況が続けばいいのに……って、そう、思っていただけで……」


1500本以上のAV・アニメ!ボリューム満点!オリジナル素人モデルの写真・動画もありマス。打ち止め必死の無修正動画サイト!X-Gallery
完全無修正オリジナルサイト-問答無用.com

あの頃の若さを取り戻す!!究極のED(勃起不全)革命的商品【ラブアゲイン】
【Hey動画】人気サイトやメーカーのオリジナル動画をペイパービューでお届け!全作品にサンプル動画付きなのでまずは無料で遊んじゃおう!


[つづき]
目次

DMMアダルトビデオ動画 MOODYZ(ムーディーズ)
DMMアダルト 電子書籍の販売
DMMアダルト ダウンロード美少女ゲーム 同級生 Windows版

「髪長姫は最後に笑う。」 第六章(415)

第六章 「血と技」(415)

「……話しを、聞こうじゃないか……」
 むっつりと不機嫌そうな顔をした荒野が、対面に座っているイザベラに切り出す。
「……そういう割には、あまり友好的な態度じゃなかな……」
 不満そうな表情を浮かべたイザベラの前に、茅がいれたばかりの紅茶を置いた。
「……シルヴィからいろいろ聞いたぞ。
 あちこち嗅ぎ回っているそうじゃないか……」
 荒野は、まっすぐにイザベラの目を見つめながら、静かな声を出した。
「……嗅ぎ回っているってぇか、面白そうなもん、片っ端から覗いてまわっているだけだけんどな」
 イザベラは、荒野が明らかに不機嫌な顔をしていることも意に介する様子はなく、平然と話しを続ける。
「いやぁ。
 ここは、想像以上に面白かことになっとぉね。
 正直、ここまで楽しそうなことになっとるとは、思わんかったわ……」
「そーかいそーかい……」
 荒野は目をイザベラから逸らした。
「そいつは、よかったな。
 で、肝心の用件はなんなんだ?
 まさかこの夜中に、しかもおれの試験期間中にそんなくだらない世間話をしにきたわけでもないだろう?」
「まあ、話すことは、あるといえばあるんじゃがな……」
 イザベラは目の前に置かれたティーカップを持ち上げ、傾ける。
「あ。
 おいしい」
「それでは、その本題に入る前に……」
 荒野は、イザベラの後ろに突っ立ったままの大男二人組を目線で示した。
「……そこのでかいの、紹介してくんない?」
 黒スーツにサングラスをかけた黒人と白人の二人組。いわゆるMen in Black的な風袋の二人は、緊張した面もちで微動だにせず直立している。
「こいつらは、わしが雇った荷物持ちじゃ」
 イザベラは、澄ました顔で答える。
「本当はボディーガードとして雇ったんやけど、多少鍛えていても一般人じゃからの。
 結局、運転手兼荷物持ち兼いざというときの壁といったところで落ち着いたわけじゃ……」
「……一般人かよ……」
 荒野は、頭を抱えたくなった。
「この人たち、いつもつれて歩いているのか?」
 この狭い町でそんなことをすれば、さぞかし目立ったことだろう……と、荒野は思った。
「おおかたは、のう」
 イザベラは、荒野の問いに頷いた。
「おかげでここにいる一族のもんにようけ揉まれて、すっかり怯えてしもおうたわ」
 さぞかし、盛大に「からかわ」れたのだろう……と、荒野は納得した。
「……あー。
 楽にしてください。
 そちらの椅子にかけて……」
 荒野は、英語に切り替えてイザベラの「荷物持ちたち」に話しかけた。
 この二人には、何も思うところはない。それどころか、イザベラの気まぐれの犠牲者、ということで、シンパシィさえ感じてしまう。
「……ありがとうございます」
 二人のうち、白人の方が緊張した面もちで答えた。
「ですが、こうしているのが、われわれの仕事でして……」
 多少、訛はあるものの、流暢な日本語だった。
「日本語、大丈夫なんですか?」
「ええ」
 今度は黒人の方が、大きく頷いた。
「それが、雇用される際の、最低限の条件でした」
 こちらも、白人と同様、頬の筋肉が強ばっているようにみえた。
「……おかしなヤツに雇われてしまったものですね……」
 荒野は、同情を込めて二人の男に語りかける。
「では、せめてお茶くらいは……。
 茅、お願い」
 荒野の要請を予測していたのか、茅はすぐに立ち上がって、お湯につけて暖めておいた二客のカップを取り出した。
「この部屋に入った以上、おれのお客でもある」
 荒野は、少し強い語調を作ってイザベラにそういった。これまでハイソサエティとか呼ばれる階級の中で生活をした経験がなかったので、荒野は、イザベラのように自分と使用人との間に一線を置く態度を、当然のものとはみなさなった。
 イザベラは無言のまま軽く肩をすくめ、男たちは茅の手からうやうやしい物腰で紅茶のカップとソーサーを受け取りながらも口をつけず、硬直した姿勢でつったったままだった。
「お前……おれのこと、この人たちになんて説明したんだ?」
 荒野は、イザベラに向かって問いかける。
「ここいらにいる一族の親玉じゃ、いうておいたわ」
 イザベラは、実にいい笑顔をして荒野に答えた。
「あながち、間違いでもなかろ?」
「……お前、なぁ……」
 荒野は、これ見よがしに大きなため息をついてみせた。
 この様子だと……この二人は、イザベラに随行していった先々で、ざんざん一族の者たちに脅かされてきたに違いない。その親玉……といわれていれ、それは……緊張もしたくなるだろう。
「まあ、いいや。
 それでお前、なんの話しをしに、ここまで来たんだ?」
 この調子だと、多少小言をいってもあまり効果は望めないだろう……。
 そう悟った荒野は、話題を元に戻す。
「そうじゃ、そうじゃ」
 イザベラは、テーブルの上に両手をついて、身を乗り出してきた。
「一回、詳しいこと聞いておこう思ぉっておったんじゃが、なかなか機会がなくての。
 あの、このマンションの隣の、こーんな目をした男じゃがの、あれはいったいどうなっておるんじゃ?」
 そういってイザベラは、自分の目尻を横に引っ張って、目を細めてみせる。
 どうやら、香也のことを聞きたいらしかった。
「……あん男、特に美形とも女の扱いがうまいとも思わんのだが……なんで、あげに女どもが寄ってくるんじゃ?」
「……あー……」
 荒野は、きっかり三秒間、目を点にしてから、ゆっくりとした口調で確認しておく。
「……お前は、そのことを聞くために、わざわざここに来たのか?」
「おう」
 イザベラは、「当然」といわんばかりに大きく頷いた。
「いろいろ聞いて回ってみたんじゃがの。
 あの家のことに関しては、みな、ようけ口を開かんのじゃ」
 ……当たり前だろう!……と、荒野はイザベラを怒鳴りつけてやりたくなった。
 あの家には、最強の荒神と、その弟子である楓が澄んでいる。加えて、テン、ガク、ノリという三人の新種たちも同居している。
 さらに、一族とはあまり関係はないが、最近会社を興してこの地域に根を張ろうとしている孫子もいる。


ウェブマスターの方はこちら>>月極めも募集中
超有名なあのチャットサイトDXLIVEで!チャットレディ大募集!時給約4200円以上!

1000タイトル、君は制覇できるか!?月額1480円!SODの見放題!
素人・人妻系、流出ハメ撮り、無修正動画を大量配信!老舗動画サイト「エロスプラネット since2003」


[つづき]
目次



彼女はくノ一! 第六話 (156)

第六話 春、到来! 出会いと別れは、嵐の如く!!(156)

「仮に出来るようになっても、安易に他人の心を覗いたりしちゃいけないと思うんだ」
「プライバシーとか、そういうこともあるけど……」
「それ以上に、迂闊に覗いてしまったら、ボクたちの方に変な影響があるかも知れない」
「いや、きっとある」
「挙動不審になる」
「中を覗く前と後では、変わってしまう」
「人間は……複雑だから」
「ボクらも、他の人も」
「みんな、影響を与えあっている」
「普段から、普通にそばで暮らしているだけで」
「でも、佐久間の技みたいなチートを経由しちゃうと……」
「影響しあう、ではなくて、一方的に影響を受ける」
「そして、影響を受けた結果、ボクたちが変質したことを……ボクたちは、他の人たちにうまく説明できない」
「佐久間の技を使って他人の心を読んだりするのは、非対照的な関係で……」
「一方通行の、影響力」
「もっとお芝居とかがうまくて、受けた影響を無視して振る舞えればいいんだけど……」
「一般人は、ボクたちよりも複雑で……」
「ボクたちは、シンプルだ」
「うまくごまかせるわけがない」
 三人は額を寄せあったまま、「……うーん……」とうなって黙り込んでしまう。
「この話題は、もういい」
 やがて、テンが顔をあげる。
「話しを、おにーちゃんのことに戻そう」
「そうそう。
 おにーちゃんと楓おねーちゃんが最近、妙にしっくりいっているのは確か」
「孫子おねーちゃんも、焦ってる」
「ボクたちも、焦る」
「でも、ボクたち一人一人だと……」
「楓おねーちゃんや孫子おねーちゃんほど、おにーちゃんに強い印象を残せないみたい」
「やっぱ、単純なのかな? ボクたち。他の人たちに比べて」
「そういうこともあるのかも知れないけど……」
「それ以上に、おにーちゃんは、ボクたちのこと……」
「妹みたいにしか、思ってないのかな? やっぱり……」
「ボクたち、おにーちゃんよりよっぽどしっかりしているのに……」
「でも、この体だから……」
「外見の印象は、やっぱり強いよ」
「でも、順調に育っているじゃん」
「確かに、このままでいけば、あと何ヶ月かでおにーちゃんと並んでも不自然じゃなくなるけど……」
「その何ヶ月かの間に、すべてが手遅れになることもあり得るわけで……」
「早急に、なんらかの手を打たないと……」
「一人一人で駄目なら、三人でいけば……」
「あと、男の人が喜びそうなことをおにーちゃんに仕掛けていく、とか……」
「その手の資料は、ネット上にごろごろしているって先生がいっていたな……」
「いやらしいやつ? 確かにいっぱい、いくらでもあるけど……」
「……おにーちゃん、そういうのにあんまり興味ないんじゃ……」
「なにもやらないで手遅れになるよりはマシでしょう」
「どうせやるんなら、とことんいかないと……」
 三人の密談はまだまだ続いていくようだった。

 一方、香也は、夕食後も居間に残り、楓を相手にして試験勉強に余念がなかった。とはいっても、昨日、今日と荒野のマンションで半日以上、みっしりと密度の濃い試験対策を行ってきたのは、楓も知るところであり、この夜は楓が何問か、出題される可能性が高い問題を出し、それを香也が答える……という最後の確認作業をおこなっていた。
 楓としては、沙織が香也に対してどの程度、知恵を授けたのか、確認しておきたかった。
「……すごいですね……」
 その結果を確認した楓は、半ば呆れたような口調でつぶやく。
「香也様……。
 大きな弱点が、だいたい潰されてます……」
 そのように楓が関心してみせても、香也は例によって「……んー……」と生返事をするばかりだったが。
 もちろん、それ以前に地道に繰り返してきた成果かがあればこそ、ということも、多々あるのだが……それでも、楓は、これだけ短期間のうちに的確に香也の記憶が曖昧な部分を見抜き、その弱点を補強して見せた沙織の指導法に、恐れ入るばかりだった。
 これだけ覚えていれば……本番の試験で素直に実力をだしきれば、香也は、平均点を大きく上回る成績が筈だ。楓が予測していたところでは、沙織の指導を受けない状態だったら、なんとか平均点程度はいくかな……という見当だったので、わずか半日のうちに飛躍的に弱点を克服したことになる。
「……なんか……ぼく以上に、ぼくが覚えていないところを、わかっているみたいだった……」
 というのが、香也が漏らした沙織の指導法への感想だった。
 おそらく沙織は……聡い、のだろう。いろいろなことについて……。
 と、楓は思う。
 記憶力や頭の回転だけではなく、他人の表情をよく観察し、細かな感情の動きをかなり正確に予想したり……普通の人も、日常生活でそれなりに行っていることを、より緻密に行っているのではないか……と、楓は予想する。
 楓は、何故茅があそこまで沙織のことを丁重に扱っているのか、居間になってようやく理解できた気がした。

「……ここまで出来ているのなら……」
 楓は、おずおずと香也に提案する。
「香也様もお疲れでしょうし、今夜はもう、お勉強はおしまいにしましょう……」
 今週に入ってから、香也は、かなりの時間を試験勉強にとられている。香也にしては珍しく、ここ数日はほとんど絵を描いていないのではないか? これから寝るまでのわずかな時間、香也を解放しても罰は当たらないだろう……と、楓は思っていた。
「……お風呂、空きましたけど……」
 ちょうど居間に入ってきた孫子が、二人に声をかけてきた。
「……あー。そううだな。
 テンちゃんたち、部屋に籠もってなんかやっているみたいだし……」
 孫子のすぐあとに続いて居間に入ってきた羽生が、孫子の言葉尻を引き取る。
 どうやら楓が話していた内容を、孫子も漏れきいたようだった。孫子にしても、昨日、香也の状態を確認しているので、断片的に聞こえきた単語を繋いで、楓が行いそうな判断も、容易に推測することができた。
 二人はたった今、風呂からあがったばかりの、上気した顔をしていた。香也と楓が炬燵にあたりながら勉強をしている間に一緒に入浴していたのだった。時間と燃料費の節約のため、時間が空いている者同士が一緒に入浴する、ということは、この家では普通に行われている。
「……んー……。
 わかった……」
 香也は、素直にそう応じて、勉強道具を片づけはじめた。


1500本以上のAV・アニメ!ボリューム満点!オリジナル素人モデルの写真・動画もありマス。打ち止め必死の無修正動画サイト!X-Gallery
完全無修正オリジナルサイト-問答無用.com

あの頃の若さを取り戻す!!究極のED(勃起不全)革命的商品【ラブアゲイン】
【Hey動画】人気サイトやメーカーのオリジナル動画をペイパービューでお届け!全作品にサンプル動画付きなのでまずは無料で遊んじゃおう!


[つづき]
目次




次のページ
このページのトップへ